ホーム>Diary>ビンテージ&アンティーク「買い付け紀行」

ビンテージ&アンティーク「買い付け紀行」

アメリカ買い付け紀行『アンティークと空模様』

20192251731.JPG

 

 

カリフォルニア買い付け中盤。

 

 

まず向かったのは、サンディエゴ。

 

 

 

 

 

道中ずっと晴れていたのに、

川を越えたらディーラー・・というところになって

霧が出てきました。

 

海が近いので不思議ではないのですが、

長く通ってきたなかでこんなシチュエーションは初めてですし、

この町で霧にあうのも初めて。

 

 

 

 

 

 

ディーラーのファサードには

パリをイメージした白黒ストライプのテントが付いているのですが、

霧がかかって、

そこだけ見ると、ほんとにどこだろう?と思えるような景色になっていました。

 

 

(冒頭の画像は、こちらの売り場。

バレンタインパーティの準備を始めているところでした)

 

 

 

 

 

 

こんなタッセルモチーフ脚のアイアンシェルフが見つかりました。

 

 

アイアンインテリアはお洒落ですし、空間にメリハリもつけてくれるので、

とても良いアイテムだと思います。

 

 

それにしても、このゴールドアイアンのシリーズ。

 

同じテイストや技法で作っているのに、

たとえばこんなシェルフひとつとっても、

シェイプが変えてあったり、サイズが少し違えてあったりと、

まったく同じモノになっていないのが愛すべきところ。

(なかには同一のモノもありますが)

 

これまで何種類の作品と出会っただろう。

 

ひとつ見つけるたびに、

「あなたはこんな子なのね」と、目じりがさがってしまいます。

 

 

 

美術品ほどのプライスだったので、買うのは無理でしたが、

こんなタペストリーもありました。

 

 

 

 

「生命の木」を題材にした、19世紀末イングランドの作品。

 

ウイリアム・モリスを思わせる、

アーツアンドクラフツ・ムーブメント期の大作です。

 

 

 

図柄も質感も、それにインド更紗のような色使いも、

すべてが本当に素敵でした。

 

 

 

この界隈のディーラーを数軒まわって、

時刻は13時。

 

到着してから三時間が経ちますが、

霧は晴れる兆しはありません。

 

霧に乗って、海の匂いまでしてきます。

 

海、どんなだろう・・・?

 

霧の海がどうしても見てみたくなって、

桟橋まで車をまわしました。

 

 

 

ジョン・カーペンターの映画「ザ・フォッグ」の世界みたいでした!

 

 

 

 

霧の町を出て、

それからどんどん内陸に進むコースで買い付けを続け、

さいごの町を出る頃には、山の稜線に彩雲が。

 

 

 

 

 

そして夕焼けの中を抜けて、

ロサンゼルスに戻りました。

 

 

 

 

 

アリゾナ往復を除くと、この日がいちばん長距離移動でした。

 

 

買い付けも、

それにお天気もめまぐるしい一日だったなあ。。。

 

 

 

アメリカ買い付け紀行『マダムたちのウエアハウス』

ある日の買い付けは、

LAから車で一時間ほどの町へ。

 

 

昨年から不定期になって以来、

すっかり行けなくなってしまった「マダムたちのフリーマーケット」。

 

そこの出店者たちのウエアハウスや

アンティークモールのブースがこの町にはいくつかあるので、

「マダムたち・・」関連を中心にまわりました。

 

 

一軒目。

ここはモールです。

 

入るなり、こんなキャビネットとの出会いが!

 

 

201922020010.JPG

 

 

100年を超えたアンティーク。

祈るような気持ちで状態確認に入ります。

 

「良かった!買い付けられる!」

ただちにオーダーを入れました。

 

 

 

 

 

品揃えがいちばん好きなので、

真っ先にここに来ましたが、

今回はもうひとつ目的がありました。

 

 

こちらのインスタグラムで

カリグラフィーのボードを手掛けているマダムが作品を常設しているのを知ったのですが、

 

アンティークの窓やミラーの枠を使ったお洒落で美しいサインボードを見ているうち

Kioでも扱ってみたい想いが湧いてきて、

まずは一点、ぜひ譲り受けようと思ったのです。

 

 

 

 

あいにくマダムは不在で残念でした。

そして家具や小物を選ぶより時間もかかったのですが、

とても新鮮で楽しい作業でした。

 

 

 

 

レイアウトがいちばん気に入ったこちら(文言も率直でかわいい!)にしようと思ったとき、

死角になったところにもう一点、サインボードがあるのに気がつきました。

 

 

 

 

 

気持のいいカリグラフィー。

そこにはルイ・アームストロングの歌の詞が書いてありました。

大好きな歌です。

これに決めました。

 

 

マダムのサインボード、

作品として美しいのはもちろんのこと、

アンティークやビンテージ家具と合わせることでお互いさらに生きるような気がして、

店内に飾るのがすごく楽しみです。

 

もちろん商品です。

こういったものを扱うのは初めてなので、

お客さまからどんな反応をいただけるのかも楽しみです。

 

 

 

別なマダムのウエアハウス。

 

 

 

 

なんだか昭和の小さな商店のようなカウンターが楽しい!

 

「写真はほんとは好きじゃないのよ」と苦笑いしながらも、

掲載を許してくれました。

 

分かりづらいですが、マダムが手にしたビンテージのクロスと、

小物をいくつか、スペシャルプライスで譲って貰いました。

 

ありがとう!

 

 

 

この日はアリゾナから戻った翌日。

 

何が・・と上手く言えませんが、

アリゾナだけだと何かが足りない・・・と、

戻ってからずっと心に引っ掛かっていたものが一日でずい分と解消されて、

カリフォルニア初日は、良い滑り出しになりました。

 

 

 

 

アメリカ買い付け紀行『アリゾナの夕焼け』

 

 

 

 

 

 

アリゾナでは、フェニックス周辺をまわります。

 

カリフォルニアに比べるとディーラーが密集していて

仲間意識が高いからなのか、

個人でやっている人のところへ行くと、別な個人ディーラーを紹介してくれたり・・・、

 

三回目でずい分とディーラーの情報が増えました。

 

 

反面、まだ三回目だというのに

辞めてしまった人も何人かいて、

初日は空振りも何軒かあった。

 

そうなると確実なのは、アンティークモール。

 

二日目は、午後からは終日モールをまわっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日差しがいちばん強い時間帯。

 

あるモールでの買い付けを終えて、

バンの荷台の整理をやっていると、一台の車がそばに止まり、

運転席からサングラスをかけた男性がこちらを見ています。

 

よく「それ、いいね!」とか「いくらだった?」とか聞かれるので、

この人もきっと私の買い付けた商品で何か気になるものがあるんだろうなと思っていたのですが、

 

なんと、「Kioさんですか!?」と、日本語で訊かれて・・・!

 

フリーマーケットででもない限り、カリフォルニアでだって日本の人と会うことなんてまずないのに、

まさかこんなところで・・・・

 

しかもサングラスを外したその方、

数年前にもサンディエゴのモールでばったり会って、

声を掛けてきてくれたバイヤーさんだったのです。

 

時間にすれば5分もなかったと思うけれど、

お互いの仕事にまつわる話を色々として、

さいごに「頑張ってください」と声を掛け合って別れました。

 

家具の買い付けはされないので、

ひょっとしたらジュエリーのショー(前回の記事)に合わせてアリゾナ入りされていたのかもしれないと、

あとになって思い至りました。

 

それにしたって偶然です。

びっくりでしたが、それ以上に嬉しくとても励みになった出来事でした。

 

 

 

アリゾナでは、ハリウッドリージェンシー的なモノは、やはり少ないです。

 

 

 

 

こういったモノが視界に入ると、

「あ!」と、反射的に心の針が大きく振れます。

 

やっぱりKioでは外せないアイテムだと、

ハリウッドから遠く離れた砂漠の町で再認識でした。

 

 

 

 

 

 

こんなランプもありました。

 

1910年代頃と、大変古いカメオガラスをボディにした一台。

 

スペシャルなモノとの出会いは

自分ももちろんすごく嬉しいですし、

お客さまの喜んでいる顔(特定のどなたかの時もありますし、

漠然とした感じでお客さまが沢山という時もあります)が浮かんできて、

この上ない気持ちになります。

 

ところが裏側を見ると、ガラスにぽっかりと穴のような欠けが・・・・・。

 

「それでも買っておいた方がいいんじゃないか」と思うくらい迷いました。

 

こんなとき、判断材料にしていることがあります。

 

それは「自分だったら、使いたいかどうか」。

 

目の前にあることが驚きなくらいの作品でしたが、

「自分だったら使いたくない」ことを最終判断として、見送りました。

 

 

しかし、カメオガラス、きれいだったなあ。

いつか手掛けてみたい。

 

 

 

ここ(アリゾナ)だからこそ買えたと思えるモノ、

Kioならではと思えるモノ、

バンの荷台がそんなモノ達でいっぱいになったところで、

アリゾナでの買い付け終了。

 

モールの外は、

今度は燃えるような夕焼けでびっくりでした。

 

 

 

201921618525.JPG

 

 

 

 

 

おまけ。

 

 

翌日。

カリフォルニアへの帰路。

 

給油に立ち寄った州境のスタンド。

裏手にあった閉鎖してかなりの歳月と思われるモーテルの看板が、かっこよかった!

 

 

アメリカ買い付け紀行『アリゾナトリップ』

1月23日から2月2日までアメリカ買い付けでした。

 

 

 

 

 

序盤はアリゾナ。

 

ロサンゼルスからレンタカーで向かうのですが、

いつもより二時間早い飛行機で到着(AM10時)したので、

陽のあるうちにアリゾナに着くことが出来ました。

 

西陽に照らされた砂漠の一本道をずっと走ってのドライブは

幸せな時間でした。

 

 

 

ホテルにチェックインする際、日本のIDを見せるやいなや、

「アンティークのショーに来たの?」とフロントの女性に聞かれて、

びっくりする場面がありました。

 

聞けば、翌日から近くのコンベンションセンターで大きなアンティークショーがあるのだとかで、

きっと日本からのバイヤーも多く来ていて、

私もそんな一人だと思ったのでしょう。

 

しかしなぜ私はそんな情報を見落としていたんだろう・・・!

 

「ただショーとしか・・・。名前は分からないの」とのことで、

部屋に入ってすぐにインターネットで調べてみました。

 

残念ながらアンティークはアンティークでも、ジュエリーのショーであることが分かりました。

 

でもなんだか、さっそく買い付けの波に乗ったような感覚になり、

明日からの二日間が俄然楽しみになったのでした。

 

 

 

買い付け商品の第一号。

 

 

 

 

アンティークの帆船モチーフの・・・これはドアストッパーです。

 

「今回は小物を多く・・・」と思いながら出掛けてきたからか、

小物からの滑り出しに。

 

結果から言いますと、

小物は最後まで順調に集まり続け、

そのため買い付けのアイテム数が増え、

帰国後の輸入申告がいつもよりちょっとだけ大変だったという・・・(笑)

 

それでもコンテナ到着後に蓋を開ければ、

まだまだ思い描くようなボリュームには至らなさそう・・・と、

戻ってみてあらためて店内見回し、そんな実感に。

 

これからまた少しずつ、ですね。

 

 

 

家具ではこんなのも見つかっています。

 

 

 

 

とても好きなメーカー、

『THE HITCHCOCK』のデスク&チェア&ミラー。

 

1800年代初期にコネチカット州で創業。

高いクラフトマンシップで人気があるせいか、

このメーカーのものは出物が少なく(HICHCOCKを模倣したものは沢山あるのですが、、)、

たまにあると高額だったりして、なかなか手に入りませんでしたが、

どうだろう・・・10年ぶりくらいに買い付けることが出来ました。

 

フルーツとフラワーのステンシルがここの代名詞でもあるのですが、

よく見ると、ネイティブアメリカン柄を思わせるステンシルもあり、

アリゾナでこれと出会ったことが感慨深かったです。

 

男女も問わず、

幅広く素敵なコーディネートが出来る家具だと思う。

 

 

 

 

 

 

18時にはどのディーラーもたいてい仕事の片付けに入ります。

 

そんななか一軒、21時まで開けている珍しいアンティークモールがあり、

そこに向かいました。

 

 

バイイングを続けているうちにランナーズハイにでもなったのか(笑)、

足を止めたくなくなってしまいました。

 

20時を大きく回ったころ。

動き回る私を見かね、

三回目で覚えていてもくれて、

「またすぐにカリフォルニアに戻るんでしょう?

今日はもうやめたほうがいいんじゃないかな」と、モールスタッフ。

 

 

すべて夢で、さいごに夢から引き戻されたような・・・・・

そんなアリゾナ初日でした。

 

 

 

 

2019210184113.JPG

 

 

 

買い付けフォトギャラリーと、お知らせ

2018113183824.JPG

 

まずはお知らせから。

 

 

買い付けのコンテナですが、

珍しく入港に遅れが出てしまい、

お披露目が予定より少しだけ先に延びました。

 

 

7日・水曜日に荷受け
10日・土曜日まで開梱&ディスプレイ作業で臨時休業
11日・日曜日からのお披露目

 

 

まだ通関が終わっていないので

予期せぬ変更もあるかもしれませんが、

上記の予定となります。

 

店頭やメールなどで「おそらく9日からお披露目出来ると思います」と

お伝えしていましたが、

遅れてしまいますこと、お詫びいたします・・・

 

またはっきり決まりましたら

HPトップページやこちらでご案内していきますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

冒頭の画像も買い付け商品のひとつ。

 

40号くらいあり、かなりの大作です。

 

花の油絵、これまでも何枚か買い付けてきましたが、

ここまでのサイズは初めてなので、

再会がとても楽しみ。

 

以前、お客さまのお家で、こういった花の静物画を見せていただいたことがあるのですが、

それはほんとにうっとりするほど素敵な絵で、

それで私がそんな感想を伝えると、

お客さまは「なんだか花がこぼれてくるようでしょう」と、おっしゃったんですね。

 

その“こぼれてくるよう”という表現を聞いて、

私の審美眼は一気に更新され(笑)、

以来、そう感じられるものだけを買い付けてくるようになりました。

 

この絵に描かれている花たちも、

なんだか手のひらに包むことが出来るようで・・・・・

 

どんな方とのご縁になるのかも楽しみです。

(あ・・、そんなことを言ったら、ぜんぶがそうですね・笑)

 

 

 

そしてフォトギャラリーを少しだけ。

 

 

 

サンセット大通り。

映画『サンセット大通り』の舞台は、もっと西に行った高級住宅街。

こちらは東側。サブカルチャーの町です。

 

 

 

 

 

いつも教会に入っていくときのような気持ちにさせられる、

ディーラーのウエアハウスの入り口。

 

 

 

 

 

大きなモール。

1940年代頃に出来た古い建物。

 

アンティークディーラーの他にインテリアショップも入居しているので、

キャンドルやグリーティングカードなども調達出来ます。

 

 

 

 

 

そして運送会社さんの倉庫に集まるKioのビンテージ&アンティーク。

 

買い付けに専念出来るのも、

スタッフの皆さんがどんどんと梱包を進めていってくれるからこそ。

 

ひとりで動いているわけですが、

行く先々で色々なひと達の助けがなければこんなことは到底出来ないので、

感謝しかありません。

 

(そういえば花の絵も、通りがかりのひとが駆けつけてくれ、

ディーラーのおばあちゃんと三人で車まで運んで積み込んだのでした)

 

 

遅れたコンテナですが、

週が明けてからの通関だと聞いているので、

名古屋港にはもう入ってるんじゃないかな。

 

 

コンテナの中身、ひとつひとつが個性的なモノになっていますので、

今回もご注目いただけたら嬉しいです!

 

 

 

 

アメリカ買い付け紀行『ビクトリアンなもの達との出会い』

20181029173022.JPG

 

主な買い付け先のひとつに、アンティークモールがあります。

 

モールの規模は大なり小なりですが、

どこもブースで区切られていて、

ブースごとにオーナーがいます。

 

やはりオーナーのカラーが出るもので、

「ここ、すごく好き!」と思えるブースからは何点か買い付けが出来たりしますし、

 

たとえばですが、モノが3つしか見つからなかったモールがあったとして、

その3つは、ぜんぶひとつのブースからの出物・・・

なんてことも、ときにあります。

 

 

 

今回、数年ぶりに訪れたモールがありました。

 

ブースもけっこう入れ替わっていたのですが、

その中にウエスタン&ビクトリアンのモノを集めたブースが出来ていたんです。

 

 

 

↑こんな手工芸の技が光るチャイルドチェア発見。

Kioの子になりました!

 

 

↑あと、こんなガラス棚も買い付け。

 

 

今年になってからくらいかな・・

「アンティークのレースってやっぱりいいなあ」ってしみじみ思うようになり、

まだスポット的な感じなのですが、

Kioでも扱うようになりました。

 

レースの似合うシチュエーションについてもよくイメージするようになったのですが、

いつもまず頭に浮かんでくるのが、

“アンティークレース×ビクトリアンな香り漂うウエスタン家具”という組み合わせなんですね。

 

「素朴さのなかに、ロマンチックで香りづけした風景」みたいなイメージ・・・・。

 

 

そんなことを思い描くようになった中での

スペシャルなウエスタン&ビクトリアン家具との出会いだったので

ちょっと興奮でした。

 

 

 

 

ウォッシュキャビネットを買い付けるにあたっては、

このブースの中に陳列されていたレースやらカップ&ソーサーやらを使って、

雰囲気のチェック。。

 

そんなことをやっていると、

モールスタッフから「あなた、映画スタジオで働いているの?」と聞かれました(笑)

 

ハリウッドからずいぶん離れた田舎町に

ぽつんと一軒だけあるアンティークモールなのですが、

こんなところにも映画スタジオのひとが来てるってことなんだあ。

 

 

 

↑こちらも欲しかったのですが、中のダメージが大きかったので、見送りに。

 

 

 

そしてこの翌日になるのですが、

午後遅くになるまで集まりの悪い日、

最後に行ったアンティークモールで出てきてくれたのが

こんなビクトリアンな雰囲気をたたえるソファでした。

 

 

 

 

張地がどこかシノワズリーな感じがするからなのかな・・、

スタイルはフレンチですが、ビクトリアンな雰囲気のする作品です。

 

レースをイメージしながら集めた前日の家具たちですが、

このソファと合わせると、すごく印象的なビクトリアンスタイルになりそう・・・!

 

 

それもだけれど、

「これは!」と思えるようなソファが今回まだ皆無だったなかでの出物だったので、

この目が覚めるように素敵なソファが視界に飛び込んできたときは

感激のあまり絶句でした。

 

 

自分でも可笑しいのですが、

買い付けの現場で

素敵なモノが一箇所でいくらでも見つかる状況と、

そうではなく、何軒も何軒もまわらないと見つからない状況、

どちらかを選ぶとなったら、

後者です(笑)

 

 

これからも目が覚めるような、言葉も出なくなるようなモノとの出会いに期待して、

楽しみながら買い付けを続けていきたいです。

 

 

 

アメリカ買い付け紀行『フレンチドレッサーとマダム』

今回、フレンチスタイルのドレッサーが見つかりました。

 

 

2018102018211.JPG

 

 

これを買い付けたのは、

二回ほど買い付け紀行に記事を書いたがありますが、

喜びをしかめっ面で表現する(笑)ディーラーのマダム。

 

何度か通っているうちに

Kioのテイストもすっかり分かってくれるようになりました。

 

ディーラーとの付き合いが増えて助かるのは、やはりこういった理解が得られること。

 

 

ドレッサーを見つけて、はっと立ち止まる私にすぐ気づいたみたいで、

奥の方(マダムのウエアハウスはかなり広いのです)から、だだだーっと飛んできて、

 

「これ、まさにあなたの好みでしょう!!」と、

ドレッサーの天板をしかめっ面で二度ほど叩いて言います。

 

はたから見るとすごい怒ってるみたいですが、、

「まだおととい入ってきたばかりなのよ!あなたが今日来てくれて良かったわ!」って、

マダムは本当に喜んでくれいるのです。

たしかにちょっと変わってますが。。。

 

 

他にも面白いというか、助かったことがありました。

 

マダムのところにはウエアハウスの一角を間借りしている中国人男性がいるのですが、

たくさん入荷があったのか、今回盛んに絨毯をすすめてきてくれたんですね。

 

素晴らしいものばかりだったのですが、

どれも色味が好きになれませんでした。

 

「じゃあ、これなら好きかな・・・」と、

新たに、奥の方から引っ張り出そうとしています。

 

なかなかの商売熱心な彼。

 

長引いてしまうのでは・・と危惧していると、

「ノー!それも彼女は好きじゃないわ。 

とにかく色々見せてくれてありがとう、ハン」と、

マダムは強制終了に出たのです。。

 

ハンのブースを出ると、

「ぜんぶ見ても、あそこにはあなたのテイストの絨毯は無かった」

そうきっぱりとマダム。

 

Kioのテイストではなくても、いい物だから見ていると純粋に楽しい、

でも時間も気にしなければならない、

そんなせめぎ合いの中で、マダムの助け舟はやはり有り難かったです。

 

 

 

しかしハンからはこんなフロアランプを買い付けました。

 

 

あとマダムからこんなチェストも。

 

 

ハンドペイントがほどこされた、古い古いフロレンタイン。

 

高価なもので、Kioにとってはチャレンジですが、

前にも同じようなことを書いたような気がしますが、

一回の買い付けで、思い切ったことをひとつでもすると、

壁もひとつ越えられたような気持ちになれます。

 

 

マダムと別れ、

40分ほど離れた次の町に移動。

 

「Kioらしくて、Kioのお客さまも好きそうな、

いいモノが買い付けられた!」

 

するとエンジェルススタジアムも見えてきて、

なんだか嬉しさ最高潮でした。

 

 

 

 

 

おまけ。

 

次の町。

 

 

 

 

 

景色はいかにもアメリカな感じですが、

アンティークの買い付けをしていると、

クラシックへの愛着も深いことが感じられます。

(この町に限らずですが)

 

 

アメリカ買い付け紀行『海辺のアンティーク。果樹園のアンティーク』

9月27日から10月5日までアメリカ買い付けでした。

(買い付け紀行のスタートが遅れまして。。。)

 

 

20181011183855.JPG

 

 

今回アリゾナには行かなかったのに、

買い付けを終えて走行距離をみると、けっこうな距離になっていてびっくりでした(笑)

 

 

 

 

 

ディーラーのアニバーサリーやリニューアルオープンなどのイベントがいくつかあり、

豊富な品揃えの中から選ぶことは出来たのですが、

いざ自店の商品に・・・・となると、なかなか思うようには集まりません。

 

 

ある日などは、まずハリウッド界隈のディーラーからスタートして、海辺の町まで移動、

 

そこでのイベントを終えれば、この日はそれで終わる予定だったのですが

(現時点ですでに12軒のディーラーをまわっている)、

 

車のなかはまだ三分の一に満たない量。

 

 

あまりモノがなく、足早にまわったため、

時間だけはまだたっぷりとあります。

 

そこで賭けに。

地図とリストを照らし合わせて、

今いる場所からうんとは離れていない町で、

まだ行ったことのないディーラーに行ってみることにしたのです。

 

 

道はずっと、明るい陽光の降り注ぐきれいな景色のカントリーロードでした。

 

しかし途中、S字とヘアピンの連続する峠道に。。

 

 

 

 

見晴らしが良かったのと、車線が広く交通量も多かったのとで、

心細い思いをせずにすんだからか、

成り行きでこんな道を走っていることに苦笑いでした(笑)

 

 

峠を越えると、畑が。

 

 

 

 

オレンジもあり、それはすぐに分かったのですが、

もう一種類、無数に植えられている木があり、それが何なのか分かりませんでした。

 

 

 

畑が終わると、そのとたんに新旧入り混じったような町が現れました。

目的地に到着です。

 

 

 

 

ディーラーは何軒かあり、どこも規模としては小さい方ですが、

一軒一軒まわっていくと、モノも増えていきます。

 

やっぱり、このやり方しかないのかな。

初めて訪れる小さな町で、そんなふうに思っていました(笑)

 

 

ある一軒では、こんなキャビネットが手に入りました!

 

 

 

 

クラシックも、フレンチも、シャビーシックも、ハリウッドリージェンシーも、

やっぱりぜんぶやりたいのです。

嬉しい出会いでした。

 

ディーラーのマダムも新顔の私に興味津々で(笑)、

色んなお話をしました。

 

「来る途中、山道がちょっと怖かったけど、素敵な景色だった」と言うと、

「そうなのよ!素敵な町よ!畑は大きかったでしょう。オレンジと、アボカドが穫れるのよ」と教えてくれました。

 

そうか!あれはアボカドの木だったんだ。

 

 

この記事、じつは買い付け終盤のことを書いています。

 

私、買い付け前の日記で、「アーチスト達の集まる農場を訪れたい」と書いて出発しましたが、

さすがにそこまで時間が作れなかったんですね、

 

あるアーチストはアボカドを栽培しているのを知っていたので、

少し不思議な感じがしたのでした。

 

あのゆったりとした山並みを背にして、どこまでも続く果樹園の風景、

初めての場所だからかもしれませんが、今回の買い付けでいちばん頭の中に残っています。

 

 

まだ少し動ける時間があったので、30分離れた別の町に移動。

 

20181011183959.JPG

 

ここも初めてです。

 

向かったのは、中規模のアンティークモール。

 

 

収穫はひとつでした。。

 

 

「このエリアに他にアンティークディーラーはありますか?」とモールスタッフに訊ねると、

私がイベントで訪れた町の名前を挙げます。

 

え・・・

そこって、ここからだとすごい遠いでしょう・・・・・

 

とにかく町にはもうディーラーはないらしく、

そうなるともうタイムアウト、

LAに戻るべく、カーナビを設定しました。

 

縦横無尽にフリーウェイが走っているカリフォルニアですが、

どうもこの一帯はそうではないみたいで、

田舎道を20分は走って、やっとフリーウェイのインターに。

 

 

感覚ではまだ山のふもとくらいのつもりだったのですが、

フリーウェイに乗って走り始めると、視界に海が・・・?!

 

 

 

 

しかも町なかの建物には見覚えが・・・・。

 

この日、イベントで訪れた町だったのです。

 

たしかに最後の町に行くときから地図にはもう目を通してなかったですが、

長年通った南カリフォルニアの土地勘はだいたいあり、

なので海の方へ向かっていることは無かったかと・・・・

 

なんだかキツネにつままれたみたいな気持ちの帰路、

 

思えば終日において、なんだか変わった一日でした。。。

 

けれどもこんな珍道中の上に、商品も商売の気持ちも乗っかっているなあって、

そう思うとすべてが愛おしいです。

 

 

 

アメリカ買い付け紀行『19世紀のホテルの界隈で』

ある日の買い付け。

 

201862620922.JPG

 

 

まずやって来たのは、

19世紀に建てられたホテルや建築物が集う町。

 

 

 

 

これらを囲むようにしてアンテークディーラーが点在しています。

 

 

 

 

 

 

はじめてのところをまず訪れてみたのですが、

こちらでもチョークペイントを扱っていました。

 

 

杢目を残したフレンチスタイルの洒落たチェストがあったので駆け寄ってみると、

天板に輪ジミがたくさん付いていて・・・。

 

するとすぐさまディーラーのマダムがやってきて、

「これね、ちょうどこれからペイントするところなのよ」とのこと。

 

オリジナルを再現するレストアも素晴らしいですが、

ペイントしてリメイクするのもまた素敵な方法だと思う。

 

なかなかそこまで手がまわりませんが、

Kioでもスポット的にやっているリペイントを、

少しずつでも拡大していきたいです。

 

チョークペイントは、私たちをそんな気持ちにさせてくれた塗料です。

 

 

 

 

 

 

ホテルを挟んですぐのところに、

次に行くアンティークモールがあります。

 

前々から中の様子を見てみたかったホテル。

ちょっと通り抜けさせて貰って、モールに移動することに。。

 

 

 

 

 

通り抜けるだけではあれなので、

ホテル内にあるカップケーキの店で買い物を・・と思ったのですが、

すごい人だったので断念。

 

いつかゲストとしてゆっくり滞在してみたいものです。。

 

 

 

 

 

 

モールには、先のホテルからの出物と添え書きされたアンティークの椅子があり、

ちょっとびっくり。

 

ホテルは映画のロケでもよく使われてきたのだそうで、

どこか40年代のハリウッドの香り漂うこの椅子は

きっと良く似合っていたんじゃないかなって思います。

 

縁を感じて、心意気で買い付けました。

(というのも、少し高かったので・笑)

 

 

 

モールは、地下にも売り場があります。

 

建物はもともとデパートだったのかな、

地下へ続く広々とした階段には、真鍮の手すりが付いていて、

足もとには絨毯が敷き詰めてあります。

 

階段を下りると、左手にはイギリスの重厚な家具でしつらえられたレストランがあって、

ここの地下へ行くのはなかなか気分がいいのです。

 

 

モノも何点か見つかり、嬉しい気持ちになっていると、

かかっていたラジオから

リンゴ・スターのバージョンの「You're Sixteen」が流れ始めました。

 

この曲のオリジナルが大好きなのですが、

モールの雰囲気と相まって、リンゴバージョンも素敵でした。

 

 

 

 

 

 

別なディーラーでは、ヘンレドンのビンテージソファが見つかりました。

 

椅子モノのいい買い付けが出来ると、

責任が果たせたような気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

ホテルのある町では10軒のディーラーをまわり、

大きく移動して、次は10年ぶりくらいの町(上の画像)に行きましたが、

今日はホテル界隈でのお話ということで

これで締めくくりたいと思います。

 

 

ちなみに次の町でもまずまずの数の出物がありました。

何度か行っていたアンティークモール、ちょっと迷路みたいな間取りで、

「そういえばこんなだった!」って、懐かしかったです。

 

ここでは「You're Sixteen」のオリジナルがかかってくれてたら

嬉しかったところ(笑)

 

 

 

アメリカ買い付け紀行『アパッチジャンクションへ行った日』

2018613193914.JPG

 

 

アリゾナとひと口で言っていますが、

私が今のところまわっているのは

「グレーター・フェニックス」と呼ばれる、

アリゾナの州都フェニックスから、車で半径40分くらいのエリア。

 

カリフォルニアでは半径3時間くらいのエリアをまわるので、

正味二日間ですが、

こうやってコンパクトに動ける買い付け日が出来たこと、

なんだか気持ちの切り替えにもなっています。

 

(カリフォルニアから車ですごい時間をかけて移動してきているのだから

変に聞こえるかもしれませんが(笑)、アリゾナ滞在中はほんとにそんな感じなのです。

あと、渋滞が無いのも気に入っています!)

 

 

 

二日目。

 

朝から大物がいくつも見つかりました。

 

 

↑珍しいところでは、こんな真鍮製のホールツリーも。

 

 

お昼を過ぎた頃にはもう、バンの荷台も三分の二ぐらい埋まりました。

 

 

そこで、ちょっと予定変更。

 

ディーラーの数が少ないので、

後まわしにしているうちにタイムオーバーとなり

前回けっきょく行けなかった町が同じグレーター・フェニックスにあり、

今回も最後に行こうと考えてたのですが

そこへ先に出かけてみることに。

 

 

 

町の名前は、アパッチ・ジャンクション。

 

 

フリーウェイに乗ってしばらく走ると、

前方に山が見えてきました。

 

 

 

 

LAからアリゾナへ向かう道中の砂漠にも

こんな形の山がときどきありますが、

フェニックス界隈では見たことがなかったので

テンションがあがってきました。

 

 

 

 

 

 

町に到着。

 

目的地に向かう道の先には、さっきの山が。

 

 

フェニックスやメサ、スコッツデールなど、

グレーター・フェニックスを構成するほかの町と同じようなのを想像してたのですが、

ここアパッチ・ジャンクションだけが砂漠の景色です。

 

思えば、訪れる前までの私の中でのアリゾナのイメージって

こんなだったなあって。

 

 

 

 

 

 

そして目的地のアンティークモールに。

 

張りぼてですが、それなりに古い建物。

こんなウエスタンな感じ、大好きです!

 

ウエスタンの町並みというより、

砦を表しているんだろうか?

 

 

 

 

 

 

あの山のだいぶ近くです。

 

 

むかし買い付け紀行で、

アメリカの好きなところのひとつを挙げたことがあります。

 

短い歴史だからこそ、人間的なドラマが町や建物に張り付いているような感じがして、

そこが好き」

そんなことを書いたのですが、

ここに来たときもそうやって思いました。

 

 

 

ワインカントリーなど、観光地でもある町だと

モールの感じが、なんとなく観光客仕様になってるなって思うところがあります。

 

ここもそんな感じかな・・と思って入ると、

ガラスやおもちゃなどのアイテムが充実していて、

コレクターが遠くからでもやって来て、自分にとっての宝物を探す・・・

そういった毛色のモールでした。

 

 

 

 

 

GEのビンテージの扇風機、発見!

 

なんてかっこいいんだろう。

 

店でも回せるし(もちろんエアコンはありますよ!冷気の循環用にです)、

欲しかったのですが、

なかなかGEのビンテージ、高値なのです。。。

 

 

ここではテーブルランプやフロアランプが何台か見つかりました。

Kioにとってこの二者が集まるのは、大収穫です!

 

 

主だったディーラーは、調べる限りここだけでしたし(小さそうなところならいくつかあったのですが)、

モールのオーナーに聞いても、

「あんたの買い物ならフェニックスの方がいいだろう・笑」とのことでしたので、

アパッチ・ジャンクションはもう引きあげることに。

 

 

 

 

 

しかし、この山がなぜかすごく気になるのです(笑)

 

 

 

 

それで、山がいちばん良く見えそうな道を、遠まわりになるというのに曲がってみたり。。

 

「私は山の写真を撮りに来たんかい!」と、自分につっこんでいました。。。

 

 

アパッチ・ジャンクション、とても良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

このあとは別の町のディーラー5軒をまわり、

画像のフィレンツェのテレフォンスタンド・・過去にもいちど買えたことがあったアイテムが久々に!・・をはじめ、

小さめの家具、それに雑貨やランプなど、

バランスのいい買い付けをすることが出来ました。

 

 

 

買い付け、これで終わったわけはなく、

むしろこれから。

 

でも気持ちをこの後のカリフォルニアに繫ぐことが出来て、

今回もアリゾナ、良い滞在でした!