ホーム>オンラインショップ>ストレージ>チェスト>アンティークのトールボーイ

アンティークのトールボーイ

商品コード:SCT189
アンティークのトールボーイ

アンティークのトールボーイ。
(またはチェスト・オン・チェスト:中ほどで区切られた背の高いチェストのこと)。

1920年代頃のイタリア製です。

ルイ15世様式のエッセンスを取り込んだ、優美な一台。

オルモルをあしらったピラスター(柱)や脚、寄木細工のひきだし(花模様の部分もそうですが、フロント全体がマホガニーの杢でミラーマッチ仕上げされた様子きれいです)、リボンバックプレートのたっぷりとした取っ手など、手抜かりのない、そして過剰でもない・・、たいへん美しくて洗練された装飾がなされています。

寄木細工は、花模様からその下側にかけてが、モールディング仕上げの枠で囲われていて、特別な手の掛けようです。
下方の枠は、角に花モチーフのオーナメントがあしらってあったり、内側がビーズ細工になっていたり、裾にはリーフモチーフの装飾がされていて、素敵な面持ちです。

上段チェストは、緩やかな弓なりに。下段はフラットに。曲線と直線のコントラストも美しいです。

フォルムやディテールの美しさだけでなく、材質・作りともに優れた逸品です。

小物を飾ったトレイを置いたり、小ぶりなランプや絵皿を置いたりしてデコレーションも楽しみながら、リビングまたは寝室にこんなチェストはいかが。
椅子を隣りに置いてみてもいいですね。

落ち着いた雰囲気の空間はもちろんですが、イタリアンフレンチの渋さと華やかさがミックスされた空間や、ロマンチックな雰囲気の壁紙を張って白やピンクなどの家具と一緒にコーディネートした空間にセットしても素敵になりそう。
 

素材は、マホガニー。
お化粧板も、ひきだしの底板も、マホガニーのリボン杢が現れた美しいものが選ばれています。

上段ひきだしには、貴重な虎斑(とらふ)の杢が現れています。

天板はモールディング仕上げ。

ひきだしは、組み木仕上げ。
中は経年を思わせないほどきれいです。

取っ手は、真鍮。ブロンズ色にほど近く色味が深まっています。

上段ひきだしのフロント面ですが、お化粧板に数本のクラックが見られます(長いものは二つで、あとのものは短いです。分かりづらいですが、画像でもご確認いただけます)。ごく表面的なもので、細いですし、杢に同化もしているので目立ちません。また、しっかり閉じており、ここから割れてくるようなものでもありません。

チェストのトップとボトムの間は、モールディング仕上げされています。

オルモルも真鍮で、こちらもブロンズ色にほど近い深まりを見せています。

前脚は猫脚。後ろはストレートです。

堅牢な作りによるもので、今尚しっかりとした状態です。


サイズ
H131cm
W93cm/D50cm

天板のサイズ
W87.6cm/D48cm

ひきだしの内寸
■上段チェスト
①H10.4cm/W79.5cm
②H12.8cm/W79.5cm
■下段チェスト
①H7.8cm/W78
②H23cm/W77.8cm
③H23cm/W77.8cm

ヤマト運輸「らくらく家財宅急便」での配送となります

ランク【D】

*サイドメニューの「地域別・重量別送料」をご参照ください

*送料は当店で半分負担させていただいており、その内容で記載がされています

この配送は代引きの取り扱いがございません
お届けまでに5日~7日(目安)かかります

 


 

販売価格:¥172,800(税込)
関連カテゴリ:
ストレージ > チェスト
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる