ホーム>オンラインショップ>小物家具>フィレンツェのウォールテーブル

フィレンツェのウォールテーブル

商品コード:TSD287
フィレンツェのウォールテーブル

アンティークのウォールテーブル。

1920年代頃のイタリア製です。
Florentine Wood(フィレンツェ家具)と呼ばれる、ルネサンス時代から続く伝統的な技法を用いた、たいへん素敵な装飾によるものです。

ボンベ(膨らみをもたせた)シェイプのボディから、V字シェイプの脚が伸びた、宮廷スタイルの美しいフォルム。

そこへフィレンツェ家具ならではの色彩や装飾が織り込まれ、そして年月を経ることで生まれた色の深まりや掠れや乾いた質感などもくわわって、唯一的な存在感を放つ、たいへん素敵な佇まいとなりました。

二本の脚も特徴的ですが、こちらは背板に開けられたネジ穴を使って、壁付けして設置をする仕様となっています。

鏡や額絵、ウォールランプなどと合わせることで、調和の取れた仕上がりとなりそう。

グリーンを飾ったり、キャンドルを並べたり、古書をディスプレイしたり・・・、自由な感性で生活の中に落とし込んで使ってみるのも楽しくお洒落な雰囲気が出せそう。

部屋も、渋い革張りのソファやデザイナーズ照明でしつらえたシンプルモダン空間にも、ピンクや水色をきかせたフレンチな空間にも、ダーク系のアンティーク家具でしつらえた空間にも似合うと思います。

玄関ホールやショップ空間にも。
 

木製。

天板は、モールディング仕上げ。

ひきだしの取っ手は、ブロンズのラウンドハンドル。花モチーフが装飾されています。

ひきだしを外すと、背板の左右にネジ穴がありますので、そちらを利用して壁付けします。この場合、壁への負荷を緩和させるため、脚は床付けしてください。床から脚を離して設置する場合は、ネジ穴を増やしてしっかり壁付けしてください。

脚はスクロールした猫脚。

色は、金箔ゴールドとオーストリッチシェルのような色のコンビネーション。ダークカラーでエイジング仕上げもされています(とくに脚に多くされています)。天板トップは全体的にまんべんなく緑青(ろくしょう)が見られます(手に付いたりはしません)。古い壁画のような、何とも独特な景色となっています。塗装が剥がれて、木肌や下塗りの石膏肌が顔を出しているところもあります。

しっかりとした状態です。

 

サイズ

H78.5cm

W80cm/D30.3cm

ひきだしの内寸

H6cm/W28.4cm

販売価格:¥75,600(税込)
関連カテゴリ:
小物家具
テーブル > コンソールテーブル
その他
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる