ホーム>オンラインショップ>小物家具>ルイ15世様式の小さなチェスト

ルイ15世様式の小さなチェスト

商品コード:SCT203
ルイ15世様式の小さなチェスト

アンティークの二段ひきだしチェスト。

1920年代頃のイタリア製です。

ルイ15世様式の一台。

大理石トップを携えた、ボウフロント(前面が弓なりになった)ボディ。
すらりとした長い脚が伸びていて、とても美しい立ち姿をしています。

フロントやサイドにほどこされた寄木細工や、脚にあしわれたオルモルなど、装飾もまたとても美しいです。

寄木には、チューリップウッドやローズウッド、それにマホガニーが使われています。
細工が描き出す模様もですし、それぞれの杢の色が家具にコントラストを付けた様子も大変面白いです。

ランプや花器の台として(ナイトテーブルにも)、アクセサリーや装身具などを置いて小さなドレッシングテーブルとして、または二台並べた椅子の間にセットしてお茶のテーブルとして・・・幅広い使い道がありそう。

 

天板は、天然の大理石。
深みのあるエクリュ色に、鳥眼やマーブルの模様がくっきりと現れていて、グレード感があります。
寄木細工のボディにもぴったり。
モールディング仕上げがされています。
うっすらとしたクラックも二本見られますが(斜めに大きく走っている線は石の模様です)、ダメージで生じたものではなく自然のものなので模様に馴染んでいますし、ごくごく表面的ですのでここから割れてくるようなものでもありません。

メインの材質はマホガニー。

ひきだしは組み木仕上げ。
取っ手はブロンズ。V字のシェイプがきれいです。

脚は、四本とも猫脚。
脚元には擦れが見られます。

オルモルはブロンズ色に深まっています。

しっかりとした状態です。


サイズ
H71.6cm/W29.3cm/D26.7cm

ひきだしの内寸(各)
H9.3cm/W18.8cm/D17.4cm
販売価格:¥48,600(税込)
関連カテゴリ:
小物家具
テーブル > サイドテーブル
ストレージ > チェスト
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる