ホーム>オンラインショップ>テーブル>デスク>フィレンツェのライティングビューロー

フィレンツェのライティングビューロー

商品コード:TDK147
フィレンツェのライティングビューロー

ビンテージのライティングビューロー。

1940年代頃のイタリア製です。

フロレンタイン・ウッド(フィレンツェ家具)と呼ばれる、ルネサンス時代から続く伝統的な技法を用いた、素敵な装飾をほどこしたものです。

こちらは、チェストと一体になった作品。クイーンアン様式の美しいデザインをしています。

フラップ、フロント、トップ、サイド。すべての面に装飾がほどこされています。
装飾を生かしながらゴールドと白が巧みに配分されており、装飾においても色使いにおいても美しいです。

クイーンアンの様式美と、ルネサンス様式美がぴたりとマッチして、独特な、そしてとても素敵な佇まいとなりました。

上にミラーを掛けたり、またブラケットのしたにこのビューローをセットしたりして、こんなデスクで空間に雰囲気を存分に出してみませんか。
デスクとしてではなく、キャビネットやチェストとしてこんな家具をチョイスされてみても。


ミニマム空間に静かに配したり、ピンクやミント色の家具やファブリック、それにその他のゴールドの要素を取り合わせて、ほろ甘いシャビーシックな雰囲気を作ってみたり、黒やダークブラウンのアンティーク家具と合わせれば大人っぽい雰囲気になりそう。和室にも。

フラップを開くとアーチ形のシェルフが現れて、デスクセクションもとっても洒落ていますので、オープンにした状態にしておいてもいいですね。ディスプレイ台として活用しても。
 

木製。

上から石膏で塗装してあり、そこに型押しで装飾がほどこしてあります。

色は金箔のような上質なゴールドと、乳白のコンビネーション。

年月によって塗装にはシワ感が生まれたり、色あせたり逆に深まったり、ところどころ短い線状の凹み痕や小傷が付いたりしていますが(不快に感じるようなものはありません)、それらを含んだ今の様相に、風合いがあります。もとからのダークカラーによるぼかしもあります。

フラップには鍵が付いています。取っ手は真鍮製。

デスクセクションには、ブロンズのラウンドハンドルの付いた小ひきだしが二つあります。

デスクと三段ひきだしの間は、モールディング仕上げの台座があります。

ひきだしの取っ手は、木製のラウンドハンドル。
中は珪藻土のような色で塗装されています。

ひきだしとエプロンの間もまた、モールディング仕上げの台座があります。

脚はブラケットフット。

裏側は塗装されていません。

しっかりとした状態です。

サイズ
H92.5cm/W61.2cm/D41.5cm
フラップを開けたときの全体の奥行/66.5cm
フラップのサイズ
W54.2cm/D51cm
フラップを開けたときのデスクトップまでの高さ/69cm
ひきだしのサイズ(各)
H12.5cm/W52cm/D33.5cm
ヤマト運輸「らくらく家財宅急便」での配送となります

ランク【B】

*サイドメニューの「地域別・重量別送料」をご参照ください

*送料は当店で半分負担させていただいており、その内容で記載がされています

この配送では代引きはご利用いただけません
お届けまでに3~5日(目安)かかります

 

販売価格:¥122,040(税込)
関連カテゴリ:
テーブル > デスク
ストレージ > チェスト
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる