ホーム>オンラインショップ>小物家具>フレンチスタイルのピンク色チェスト

フレンチスタイルのピンク色チェスト

商品コード:SCT319
フレンチスタイルのピンク色チェスト

ビンテージのチェスト。

1940-50年代頃のイタリア製です。

フロレンタインウッド(フィレンツェ家具)と呼ばれるものです。

*過去の商品で色味違いで同じデザインのものがありましたので、一部同文にてのご紹介です。

二段ひきだしを携えたフレンチスタイルの一台。

ボンベシェイプ(サイドパネルやフロントパネルに見られる膨らみ)を携えたフォルムがとてもきれいです。

もともとはゴールドと白のコンビネーションでしたが、味とはあまり言えないような色の変化が天板に多く見られました。リペイント前提で買い付け、こちらでチョークペイントの「アントワネット」という名前の薄いピンクで塗装をしました。

フロレンタインは、ルネサンス時代から続く技法で装飾される型押し模様が素敵ですが、マットなペイント越しにかすかにですがその装飾の痕跡がうかがえる今の感じも、コットンレースのようで洒落た趣きがあります。ピンクの色味にもマッチしていると思います。

無造作にいけた生花や、テーブルランプなどを飾って、シャビーシックなしつらえを楽しんでみてはいかが。クラシックがベースにあるので、大人っぽい雰囲気が出るのも良いと思います。

小ぶりなコンソールのような位置づけで空間のセンターに置いてみたり、二台並べた椅子やソファ(フレンチスタイルのものなど似合いそう)の間に置いて、お茶やランプの台にしても。

ベッドサイドや腰窓の下など、寝室にも。

 

天板はモールディング仕上げ。
モールディングの下側部分に、こすれたような痕が時おりあります。(画像でもご確認いただけます)

ひきだしの取っ手は、ブロンズ。リーフモチーフが装飾された、ラウンドハンドルです。

ひきだしの中は石膏質の玉子色の塗料で塗られています(こちらはオリジナルです)。
縁も、あえてもともとのゴールドを残しました。画像で右端に“くさび”形の痕が見られます。こちらはヒビではなく、欠けです。おそらく制作(製材)段階からのものかと思います。上から同じように金彩されていますし、ここから壊れてくるようなものでもありません。ささくれてもおりません。

台座もモールディング仕上げ。天板と同じシェイプになっています。
下には、シェルモチーフが装飾されたエプロンがあしらってあります。

脚は四本とも猫脚。
後脚の壁面側は、壁に沿うようにフラットに仕上げてあります。

色は、どこか青味も感じる薄いロココピンク。ミゾになった部分は刷毛塗りですが、それ以外の面はローラーで重ね塗り仕上げいたしました。色味もですが、チョークペイント特有の石膏のような質感もお楽しみいただけるかと思います。

背面も同じ塗料で仕上げました。

しっかりとした状態です。

*フロレンタインはオリジナルの仕上がりを考慮して価格設定をおこなっている品ですので、リペイントということで通常よりも下げてのお値段となっています。

サイズ
H61cm/W55.6cm/D31cm

ひきだしの内寸(各)
H10.1cm/W36.2cm
/D24cm(最大)
販売価格:¥39,960(税込)
関連カテゴリ:
小物家具
テーブル > サイドテーブル
ストレージ > チェスト
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる