ホーム>オンラインショップ>小物家具>ビクトリアンスタイルのボタン絞りチェア

ビクトリアンスタイルのボタン絞りチェア

商品コード:CSD134
ビクトリアンスタイルのボタン絞りチェア

ビンテージの椅子。

1950年代頃のイタリア製です。

*過去の商品で、フレームの色と張地違いの同じ規格の品がありましたので、一部同文にてのご紹介です。

ビクトリアンスタイルの一台。

トップの薔薇モチーフ。こんもりとした彫刻の感じや、茎を携えての表現がされているところなど、ビクトリア時代のしつらえが忠実に再現されていて素敵です。

オープン仕様のまあるい背もたれや、たっぷりとほどこされたボタン絞りなど、ディテールも美しい。

張地は、メドウグリーン(メドウとは牧草のこと。牧草のように渋みと鮮やかさの両方のあるグリーンのこと)のベッチン。クラシカルですが、金彩をほどこしたアイボリーのウッドと相まって、ハリウッドリージェンシーな雰囲気もあります。

ソファの対面に置く椅子、こんなのでもサマになります。

バニティチェアやデスクチェアとしてもいかが? 
アンティーク家具には木部をこういった色味に仕上げたものも多いですが、そんな塗装のドレッサーやデスクにぴったりですし、ブラウン塗装の家具に、いっそうこんな椅子を合わせてお洒落されても良いと思います。

 

木部はマホガニー。トップの薔薇モチーフは、フレームと一体型です。

前脚は猫脚。後ろは半曲線を描いています。

張り地は、毛の流れる方向によって、色味にムラが出ているように見えますが、実際には変色や汚れなどなく、きれいな状態です。縁は同じ色味の飾り紐があしらってあります。ボタンも、共布のくるみボタンです。

シートは、カーブもボタン絞りのディンプル(くぼみ)も美しいです。背もたれともども、へたりもありません。
やや弾力があり、気持ちのいい掛け心地です。

フレームは、ベージュに近いアイボリー。ダークカラーで細かい霜降りのようなエイジング仕上げがされていて、自然な風合いや奥行き感が出ています。
ミゾ彫りになったところは、金彩仕上げ。年月で褐色味を帯びたり、逆に色褪せたりしています。

脚元のあたりに、色の深まりや、点々とした痕が見られます。

しっかりとした状態です。

サイズ
H94.5cm
/W48cm/D58.5cm
SH49cm

座面のサイズ
W48cm/D42cm

販売価格:¥39,960(税込)
関連カテゴリ:
小物家具
チェア > サイドチェア
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる