ホーム>オンラインショップ>小物家具>フィレンツェの八角形テーブル

フィレンツェの八角形テーブル

商品コード:TSD310
フィレンツェの八角形テーブル

ビンテージのテーブル。

1940-50年代頃のイタリア製です。

Florentine Wood(フィレンツェ家具)と呼ばれる、ルネサンス時代から続く伝統的な装飾技法で仕上げられた家具です。

八角形の天板、柱のような脚、シェイプした四角い中天板。ひとつひとつが特徴的なエレメンツを使って構成されていますが、まるで建築物のような、様式美を感じる佇まいになっています。

天板トップには、ユリの紋章とリーフモチーフを組み合わせたもっともフィレンツェ家具らしい装飾がされています。八角形と模様が、お互い引き立てあっていて、美しいオーナメントを眺めるよう。

少し小ぶりで雰囲気のあるリビングテーブルをお探しの方、こんな一台はいかがでしょう。
飲み物を取ったり置いたりしやすい高さですし、脚つきのトレイといった感覚でお使いいただけそう。

ランプを載せてソファ脇に、または二台並べたソファや椅子の間に置いても、すごくサマになります。

ちょっとした飾り台としても・・・。

意外にもどんな空間にもすんなりとけ込んで、空気感も変えてくれる・・・、そんな魅力がこのフィレンツェの家具にはあります。

 

木製。

天板はモールディング仕上げ。

支柱は、先広がりになっています。

中天板はフラットな作りですが、この作りもまた板絵のようで面白いです。

脚は、先すぼまり。付け根のところがバンシェイプになっています。

本体のうえに石膏のような質感の下地を塗り、そこに型押しで装飾をほどこし、彩色仕上げがされています。

色は金箔のような上質なゴールドと、乳白色のコンビネーション。仕上げにダークカラーでさっとぼかしを入れるようにしてエイジング仕上げがされています(脚は乳白色ですが、エイジングによって、ベージュのような色味に見えています)。
そして年月を経て、少し色褪せたり逆に深まったり(とくに天板の金彩の縁部分)、時おりわずかに塗装が剥がれて石膏肌が顔を覗かせていたり、シワ感が生まれたりもしています。このフィレンツェの品もの達はどれもそうですが、そういった経年による変化が家具にいっそうの趣きを与えているように思います。
脚元には、スレが見られます。

天板の裏側は、色褪せたベンガラのような色味で彩色されています。フィレンツェの工房のラベルもあります。

しっかりとした状態です。

サイズ
H51cm/W55.5cm/D55.5cm
天板と中天板の間/38cm

支柱の最大直径/4cm

中天板のサイズ(最大)
36cm
x36cm
販売価格:¥39,960(税込)
関連カテゴリ:
小物家具
テーブル > コーヒーテーブル
テーブル > サイドテーブル
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる