ホーム>オンラインショップ>小物家具>アンティークのサーベル脚テーブル

アンティークのサーベル脚テーブル

商品コード:TSD305
アンティークのサーベル脚テーブル

アンティークのサイドテーブル。

1920-30年代のアメリカ製です。

サーベル脚の一台。

ペイントの家具ですが、20-30年代らしい色香やクラシカルさがあり、他のペイント家具とはまた異なる雰囲気。

薄いオリーブグリーンのカラー。モールディング部分だけが金彩とピーコックグリーンで彩色されています。波打ったエプロンには、花模様をあしらった金彩枠が。
宮廷家具風な上品さが感じられます。もちろん宮廷様式の家具と比べればとてもシンプルではありますが、でも立ち姿が美しいことも加わり、それに(宮廷風に)準じた仕上がりになっているところも魅力です。

ランプの台や、花台、電話台などに適していますが、アンティーク小物がしっくり馴染むので小さなコンソールテーブルといった位置づけでお部屋に取り入れてみてはいかがでしょう。中天板もデコレーションのための空間として活用してもいいですね。

小さな鏡と合わせて、愛らしいドレッサーに仕立ててみても素敵。


材質はマホガニーかと思います。

天板はモールディング仕上げ。

波打ったエプロンは厚みがあり、同じく厚みのあるサイドパネルと自然な感じでつながっています。花模様はハンドペイント。

脚は四本ともサーベル。

中天板は、正面が半曲線を描いてきてきれいです。縁はバンディング仕上げになっていて、金彩がされています。

色はオリジナル。薄いオリーブグリーンと前述していますが、青磁色とも言えるような、青味を帯びた薄くてくすみのあるグリーン色です。
天板の右角に色が霜降り状に白っぽくなった箇所があります。また天板の両端のあたりには、線状の凹み痕(とても浅い程度です)が何本かありました。マジックの先ほどの小さな剥がれもありました。
中天板の後方にも、白っぽい変色が一箇所で見られます。
金彩は少し深まって、褐色味を帯びています。米粒サイズの剥がれが数個ほどあります。
ピーコックグリーンも、手前の両端で米粒サイズの剥がれがありました。
挙げると数がありますが、経年を思うと変化は乏しい方で、不快な感じのするものもありません。

しっかりとした状態です。
 

サイズ
H74cm/W43cm/D33cm
天板裏側から中天板まで/25cm
中天板のサイズ
W37cm/D19.5cm(最小で)
販売価格:¥35,100(税込)
関連カテゴリ:
小物家具
テーブル > サイドテーブル
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる