ホーム>オンラインショップ>小物家具>キャスターつきのリビングテーブル

キャスターつきのリビングテーブル

商品コード:TC111
キャスターつきのリビングテーブル

ビンテージのリビングテーブル。

1940年代頃のアメリカ製です。

脚の付け根のところがせり出した、変形オーバル形の天板。華奢な金属製のキャスターをつけたテーパード(先すぼまりの)脚を携えて、洗練されたクラッシーな佇まいをしています。

天板の下の幕板も、天板のシェイプに合わせて曲線を描いていますが、脚の付け根のところもせり出しに沿って半曲線のカーブとなっていて、とっても美しいです。

ひきだしが付いているので、リビングでよく使う小物を仕舞っておけて重宝しますし、シャープな雰囲気のひきだし面がテーブルの洗練度を高めているように思います。

ピーコックブルーをまとっていて、その色味だけで個性的な面持ち。

ブラウン、黒、オイスターホワイトなどといったトーンを抑えた色味で整えたお部屋に、あえてこんな色を差し色にしてみてはいかがでしょう。落ち着きは損なわずに、ひと味違った雰囲気が出せそうです。

もしくは、パープルやオレンジ、イエローなどといった色使いのボヘミアンシックなお部屋に仲間入りさせてみても。
パッチワークのチェスターフィールドソファに合わせるテーブルに、こんなのはいかが?

テーブルトップは広々としていて、ここで軽食も出来ます。そのくせオーバルなので空間をすっきり見せてくれます。
 

材質はマホガニーかと思います。ひきだしはオーク。

天板はフラット。厚み部分の裾のところがモールディング仕上げになっています。

テーブルトップにはオーバルのラインが見られますが、こちらラインの内側の素材は革張りとなっています。木製天板と同様にお使いいただいて大丈夫です。
ラインのところには金彩のリーフ模様の帯もあり、顔を近づけるとゴールドのリーフがうっすらと垣間見られます。それも面白さのひとつになっています。


ひきだしは取っ手が上下にふたつありますが、実際には一段です。取っ手は金属製。
ひきだし面の裾のところですが、ほんのちょっとした(マジックのペン先ほどの)つき板の剥がれが数個あります(画像でもご確認いただけます)。

脚にはさり気なくベルフラワーの装飾がされていて、小気味いいアクセントになっています。

塗装はリペイント。ピーコックブルーと前述していますが、やや明るめのピーコックブルーです。ローラー塗りされていて、マットな質感です。ところどころをペーパー掛けし、木肌を大らかに覗せる仕上げがされています。

キャスターは、金属製。

しっかりとした状態です。

 

サイズ
H43.8cm/W106cm/D56cm
ひきだしの内寸
H5cm/W66.8cm/D37cm
販売価格:¥39,600(税込)
関連カテゴリ:
小物家具
テーブル > コーヒーテーブル
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる