ホーム>オンラインショップ>小物家具>アンティークの肘つきスツール

アンティークの肘つきスツール

商品コード:CST181
アンティークの肘つきスツール

アンティークのスツール。

1900年代初頭から1920年代にかけての頃のもの。
生産国ははっきりと分かりませんが、イギリス・フランスなどヨーロッパ製かと思います。

先端をスクロールさせた支柱。そこにハンドルが取り付けられて、優美な佇まいを見せる一台。

アカンサスがふんだんにあしらわれているのも特徴的。
そのリーフの繊細な彫りが、スツール全体にこの上なく美しい陰影や表情を与えています。

リボンや花の装飾もなされていたり、脚のテーパード(先すぼまり)やフルーテッド(ミゾ彫り)などもとても端正です。

脚だけを見ると18世紀のフランス様式ですが、しっとりとした落ち着きもあって、どんな空間にもすんなりと馴染んでくれそう。
そして雰囲気を高めてもくれそう。

サイドチェアとしてリビング使いしてもいいですし、小さなベンチ感覚で壁面やベッドの足元に配してもいいですね。

バニティチェアとして活用したり、玄関にもいかがでしょう。

 

木部の材質はマホガニー。
ミゾの色味が深まっていたり、盛り上がった部分は褪せたりしています。

張地は、椅子職人さんによるリフォームが最近になされています。
織り柄の入ったベージュの布地に、チャコールブラウンの花とリーフ模様。少し起毛しています。
縁は飾り紐で仕上げてあります。

中身のウレタンも交換がされています。曲面が美しく仕上げてあります。
座るとそこそこに沈み込みがあります。

ガタツキもなく、しっかりとした状態です。


サイズ
H64.5cm/W64cm/D39cm

座面高/50cm

座面のサイズ/37cmx56cm

販売価格:¥49,500(税込)
関連カテゴリ:
小物家具
チェア > サイドチェア
チェア > スツール
チェア > ベンチ
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる