ホーム>オンラインショップ>小物家具>オリーブグリーンの肘掛け椅子

オリーブグリーンの肘掛け椅子

こちらの商品は在庫2台ございます

商品コード:CSD129
オリーブグリーンの肘掛け椅子

こちらの商品は在庫2台ございます

アンティークの肘掛け椅子。

1920年代頃のものです。
年代ははっきり分かりませんが、イタリアなどヨーロッパのものか、そうでなければアメリカ製かと思います。

ウィッカー(籐編み細工)バックの作品。

どこかネサンス風のシェイプに、ウィッカーがあしらわれた様子が、優しく軽やかでそしてフェミニンでもあります。

こういった椅子ではあまり目にしないオリーブグリーンの色も、不思議なくらいしっくりと椅子に馴染んでいます。
年月で、塗装がとこどろこど剥がれたり、かすれたりもして、シャビーシックな雰囲気になっていて、いよいよ面白いです。

白いリネンの2~3人掛けソファの対面に置いたら、素敵な景色になりそう(2台でも単体でも)。
白いリネンのクッションを背に当ててみたりして。

座面ももともとはウィッカー仕様だったかと思われます。今はわずかに膨らみをもたせた布張りになっていますが、やはりフラットな仕上がり。そのため2台並べたところなどは、お洒落なベンチのようでもあります。
こんなふうに2台を壁面にセットしてもいいですね。

ダイニングのマスターチェアとして使っても。

 

背もたれのフレームや、シートレイル、脚の付け根などには、花やリーフ、シェルモチーフの手彫り細工がされています。細工部分は金彩仕上げで、今は年月でかすれたり褐色を帯びた色に深まりを見せています。

ウィッカーは、年月を経た今でもしなりがあり、ダメージもありません。

張地は、カーキグリーン。コーデュロイのような質感です。
中には薄めで柔らかいウレタンが入っています。

脚は四本とも先端がスクロールした猫脚。

色はオリジナルかどうか定かではありませんが、塗装されてからかなりの年月が経っている様子。
オリーブグリーンで塗った上に、黒っぽい石目を散らして仕上げてあります。
あちこちで剥がれていますが、フレームや脚の盛り上がったところが中心ですので、自然な風合いです。剥がれたところからは、木肌が顔を出しています。

1台ですが、座面のフレーム・向かって左の中ほどに、ざっくりとした剥がれがあります(分かりづらいですが、画像でもご確認いただけます)。剥がれてから時間が経過していますので、見た目に落ち着いています。ご注文順に、剥がれていない方からお出しする予定ですが、画像をご覧になって気に入った方がもしございましたら、リクエストくださいませ。剥がれ方によって表情は異なりますが、全体から受ける印象に大差はありません。
塗装はボロボロと剥がれてくるようなものではありません。

フレームには木の継ぎ目が分かる箇所がありますが、しっかり閉じており、全体的にしっかりとした状態です。

 

サイズ
H98.2cm
W61cm/D58cm
SH48cm

シートのサイズ(張地部分)
W51cm/D48cm

販売価格:¥44,820(税込)
関連カテゴリ:
小物家具
チェア > アームチェア
チェア > サイドチェア
数量:
在庫: 2
カゴに入れる
問い合わせる