ホーム>Diary>ビクトリアンのフロアランプ
Diary

ビクトリアンのフロアランプ

 

2017512113425.jpg

 

先日のコーディネートブログに載せた画像。

 

ビクトリアンの大きなシェードをかぶったフロアランプ、

ときどきお問い合わせをいただくのですが、

ごめんなさい、、、

こちらは販売はいたしておりません、、、

 

 

かれこれ8年くらい前でしょうか、

ロングビーチのフリーマーケットで出会った子。

 

ビクトリアのものでここまでのシェードの実物を見たことがなく、

出会ったときは目を疑いました。

 

拳で突き破ったような大きなダメージが両側にありましたが、

むしろその程度で残ってくれていて良かったと思いました。

 

 

ではなぜ売りに出せないかと言うと、

問題は支柱なんです。。

 

シェードをかぶせる部分が壊れて半分無くなってしまっており、

シェードはなんとなく乗っかっているだけの状態なんですね。

 

しかもその部分というのは、ソケットも一体になっているため、

なかなか厄介なのです、、、

 

直せるかなと思って買い付けたのですが、

古くて特殊な作りのため、新しいパーツに変えようとしても規格の合うものが無く、

古いパーツで代用しようとしても、これまた大きくて特殊なため、やはり合うものがありません。

 

そんなわけで、しばらくオブジェとして店内にいましたが、

今は我が家の飾りとなっています。

 

 

それにしてもすごい大きさでしょう、

シェードの幅、80cm近くもありました!

 

 

店に飾っているときも注目を集めていたものです。

 

そんな折のこと。

 

Kioを立ち上げるときや、移転を決心したときなど、

節目になると何も言わずとも決まってやって来てくれ、

しばらくそばにとどまり、話を聞いたり助言をしてくれたりする、

そんなKioにとっての守護星(笑)のような女性が店を訪ねてきてくれました。

 

ハリウッド的なインテリアが好きで、Kioでもいくつかお求めいただいたことがあるので

このランプにもすぐ目をやられたのですが、

「これは享子さんのランプよ!」って、

そう言ったんですね。

 

ちなみに彼女からそんなことを言われたのは、これ一台きり。

それもあり、ランプはますます手放せなくなったのです。。

 

 

 

家使いならどんな仕上がりでも大丈夫なので、点灯はなんとかさせられると思います。

 

自宅のものはつい何でも後回しにしていますが、

ここでのお披露目を機に点灯させて、

またブログに載せたり、小道具(大道具??)でも使いたいと思います。

 

 

おまけ。

 

2017512113521.jpg

 

ウエストハリウッドのホテル「シャトーマーモント」のロビー。

 

買い付けに行きだして間もない頃、

どうしても中に入りたくてお茶だけしに(笑)行ったときの写真。

 

【そのときの記事】

http://ameblo.jp/kio-deco/entry-10020680391.html

 

大きなシェードをかぶったランプがいくつもあり、

今でもその様子が忘れられません。

 

こんなクラシカルで暖かな雰囲気の空間を、

ビクトリアンシェードのフロアランプを使って自宅にも作ってみたいです。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kio-deco.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/29